So-net無料ブログ作成
検索選択

ネ ジ バ ナ

2017年 7月15日(土)[晴れ]

朝、何をすべきか?などと考えましたが、とりあえず「本の森」へ行って環境整備作業。本の森誰でもわかるくらいの変化があったのですが、そうは問屋が卸さない。

ツツジの枝類を焼却処分をしていたら、パトカ~さん来訪。

ご丁寧に、「本の森」の庭まで入っていらっしゃいました。

ワシの許可も無く・・・・。

若い警官二人、車(パトカ~)から降りてきたので、ワシとしては“大歓迎”[ぴかぴか(新しい)]

「はいはい、ご苦労様、何の御用ですか?」自宅庭

相手は、「暑いのにご苦労様です、何を燃やしているのですか?」

なんて言うから

「あなた方の方がタイヘン(たい)でしょ、暑い中・・・・」

「これは、ツツジを剪定した枝を燃やしているんですよ。」と返答。

すると、「ゴミの焼却ではないんですね?」などとおっしゃる。

ワシ:「そんなのを燃してはいけませんよ~。」

警官:「農家の人が剪定した枝を焼却するのならともかく・・・・・自宅の芝生

ワシ:「私も農家みたいなもんだけれど、剪定した枝だぜ?何か問題ありますか?」

警官:「坂本の山火事もあったので、火の始末しっかりやって下さいね。」

ワシ:「わかりました、午後K.さんが来るから、言っておきますわ・・・・。」

どなたから[電話]等があっていらっしゃったのか、たまたま通りすがりなのかわかりませんが、ホント、ご苦労様です。

昔、イガラシという警官にタイヘンな目にあったので、何か無礼な言動が一つでもあれば、

「よ~しわかった、今すぐワシ署に行って説明するから上司と待っててね[exclamation&question]」ぐらい言おうかと思ったのですが、若い警官は丁寧な対応で、

「坂下はいいところですね。」なんて言っている、

さらに、休みの日に、「”本の森”に来てもいいですか?」なんて言っている。

大歓迎に決まっているじゃないですか、どうぞどうぞ・・・・・。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント